CymBal (シンバル) 伊藤治哉 伊藤真嗣

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

LinkIconメールはこちら



兄弟ならではのハーモニー、ほのぼのとしたコンサート。

cymbal0s.jpg伊藤真嗣、伊藤治哉の兄弟ユニット。結成は2009年、ファーストアルバム「EARTH」リリースが2010年2月。二人でデザイン会社を経営しながらMigiwa、Olive、平山丈夫、知保子コストナー、佐藤明彦、吉村美穂、戸坂純子など多くのアーティストをプロデュースして来た。2012年6月にセカンドアルバム「WELCOME!」をリリースし、現在はOliveの小柳永子とコラボレーションするなど、コンサート活動も続けている。

伊藤真嗣(イトウシンジ)

1962年11月、牧師の家庭に生まれ育つ。70年代後半、新宿歌舞伎町にある「シオン」という喫茶店の伝道集会に参加し、二人で歌うようになる。この時に井澤豊氏、後に夫人となる美智子女史と運命の出会いを果たす。80年、兄と共に所属していた教会の青年達を中心に、Brethren Bandを結成、2枚のアルバムをリリースすると共に、多くの教会、イベントなどでコンサートを行う。TV番組ハーベストタイムに出演、2度に渡る東北ツアー、アメリカのワシントン州でのコンサートツアーを実施。その後、日本のゴスペルの礎を築いたと言える、NEW LIFEのギタリストとして井澤氏等と共に活動を始める。04年に井澤氏が昇天され、その後定期的に開催されている「NEW LIFE FOREVER」を主催、自らオリジナルメンバーとして出演している。
現在は、Migiwa、Olive等のCD等に参加する傍ら、教会でワーシップリーダーとして活動している。

伊藤治哉(イトウハルヤ)

1960年8月、牧師の家庭に生まれ育つ。70年代後半、新宿歌舞伎町での喫茶店伝道を経て80年、弟等と共に、Brethren Bandを結成。コンサート活動の他、テレビ出演、国内及び米国ツアーを実施。
84年からミクタムに所属し、ジョイフルバンドのメンバー(Dr.)として小坂忠氏、岩渕まこと氏のバックを努め、毎年恒例となっていた「出会いのコンサート」では日本の主要都市を巡回。89年に退社後、Eddy Art Studioを設立し、グラフィックデザイナーとして活躍。92年、デザイン会社(株)インタースコープを設立。02年、Olive「Anytime Anywhere」をプロデュース。その後、Oliveの2作品を、Migiwaのデビュー作を含め5作品を、クラシック界では吉村美穂の2作品をプロデュースしている。現在は、弟と共に(株)アサフを設立し、デザインと音楽の両事業で活動している。「Gospel Linking Festa」、「New Life Forever」などのゴスペルイベントも主催している。

ハレルヤ。神の聖所で神をほめたたえよ。御力の大空で、神をほめたたえよ。その大能のみわざのゆえに、神をほめたたえよ。そのすぐれた偉大さゆえに、神をほめたたえよ。角笛を吹き鳴らして、神をほめたたえよ。十弦の琴と立琴をかなでて、神をほめたたえよ。タンバリンと踊りをもって、神をほめたたえよ。緒琴と笛で神をほめたたえよ。音の高いシンバルで、神をほめたたえよ。鳴り響くシンバルで、神をほめたたえよ。息のあるものはみな、主をほめたたえよ。ハレルヤ。詩篇150篇
かしらはアサフ、彼に次ぐ者は、ゼカリヤ、エイエル、シュミラモテ、エヒエル、マティテヤ、エイアブ、ベナヤ、オベデエドム、エイエル。彼らは十弦の琴や立琴などの楽器を携え、アサフはシンバルを響かせた。暦代誌上16章5節

CymBal with 小柳永子「心配はいらないよ」